フォトアルバム
Powered by Six Apart

野生きのこ Feed

2015年7月 4日 (土)

ハナオチバタケ

Img_9944

Img_9943

Img_9942


ハナオチバタケ
キシメジ科


この小さな赤い傘
誰のもの?
カエルさんかな
メルヘンチックな世界に我を忘れる




鳥取市 7月1日撮影

2014年8月13日 (水)

ザラエノヒトヨタケ

Img_1170

Img_1169


























ヒトヨタケ科(一夜茸科) 
不食 夏~秋 小型
広葉樹林内の落葉上に発生 幼時は白色 長卵形 やがて灰色 鐘形を経て強く反り返る 肉は非常に薄く壊れやすい
柄は白色 繊維状麟片でおおわれる

湿原の遊歩道を散策する 道路わきに小さなキノコを見つけた友達
「アッ これ綺麗」 「ヒトヨタケの仲間だね 多分~!」 知ったかぶりの私
傍の枯れ枝をよけようと動かすと 柄が折れてしまった 近くのもう1個体にそ~っと近寄る
初めて出会った シルクをまとった乙女のように美しいキノコ 
名前の通り一日限りの命 
良い状態で出会ったことは嬉しい

鳥取県岩美町 8月12日撮影

2014年8月10日 (日)

フクロツルタケ

Img_0948

Img_0950











テングタケ科

有毒 中型
夏~秋 主にブナ科の樹下に発生する
傘は白色~帯褐色 その表面は白色~淡紅褐色で粉状~綿くず状の麟片におおわれる 傘のふちに条線はない
ひだは白色 のち淡紅褐色となり 密
柄の表面は麟片~ささくれ状となり つばはない 柄の基部には 膜質で袋状の大きなつぼがある 肉が傷ついた場合は  しだいに淡紅色をおびる
傘や柄の麟片の状態により 全体的な雰囲気が変わりやすいキノコである

テングタケ科キノコはいつも同定に迷う それぞれの特徴的なポイントが分かればいいのだが それらを把握するには何度も出会うこと その度に観察すること まだまだ入門編なり

鳥取市 7月下旬撮影

Img_0949

ヘビキノコモドキ

Img_1024

Img_1025



























テングタケ科
有毒 中~大型
夏~秋 アカマツ コナラ林 シイ カシ林などの地上に発生
傘は帯褐灰色~暗灰褐色 多少繊維状で 表面には黒褐色のいぼが散在する ふちに条線はない ひだは白色で 密 ふちは粉状となる 柄は灰色~灰褐色で 繊維状小隣片におおわれ つばより上はだんだら模様となる 柄の上部にあるつばは灰白色で膜質 柄の基部は球根状にふくらむ

形態的にほぼ近いと思われる このキノコに限らず 名前がついてない近縁種がある

鳥取市 7月下旬撮影
 

2014年8月 9日 (土)

ウスキモリノカサ

Img_0910

Img_0912




























ハラタケ科

食菌
夏~秋 中~大型
広葉樹林や竹藪などに発生
表面は淡黄色~汚黄色で絹布状の艶がある
触れたり傷ついたりすると黄変する 基部は白く球状にふくらむ つばは膜質で大きいが薄くはがれやすい
食菌だが 白色のテングタケ属の毒キノコと非常によく似ているので要注意

外見上の判断で食菌とするのは難しいキノコ 観賞するには美しいキノコです さて 同定は正しいのかな?

鳥取市 7月下旬撮影

Img_0913

2014年8月 8日 (金)

ヤマドリタケモドキ

Img_0973

Img_0974



























イグチ科
食菌
夏~秋 中~大型 
コナラ ミズナラなどの広葉樹林内途上に発生 傘は初めビロード状で暗灰褐色~暗褐色 のち黄褐色~帯オリーブ色 管孔は初め白色の菌糸でふさがれる 柄は太く 淡褐色~淡灰褐色の地に白色の網目模様がある
味は美味 マツタケにちかいほどの価値がある とか ただし いつもながら同定には慎重に 外見状は不食・有毒キノコに似ているものもある 傘径15-20cmほどもあるので出会うと ドキッ とする これほど大きいと虫食いがほとんど 食菌でも良い部分は少ないのが現実のようです さて同定やいかに~!

鳥取市 7月下旬撮影

Img_0972

2014年8月 6日 (水)

キニガイグチ

Img_1026

Img_1027

























イグチ科
食菌
夏~秋 中型
主としてスダジイなどブナ科の樹下に発生
傘は平滑で帯褐橙色~黄褐色 孔口は初め類白色のち淡帯褐黄色となり 傷つくと褐変する 肉は白色で多少紅変性がある 柄は傘と同色または時にもっと赤味が強い

この場所で多く見られた 幼菌の方が味が良いそうだ ただし 不食菌で似たものもあり同定には要注意です

鳥取市 7月下旬撮影

Img_1029

Img_0944

Img_0945

2014年8月 5日 (火)

ニオイコベニタケ

Img_0935

Img_0936



























ベニタケ科
不食
夏~秋 傘は小型
マツ科 ブナ科の林地に発生 傘の表面は艶なく粉状 バラ紅色~濃桃色 時に濃淡のまだら ひだはクリーム色 柄の表面は傘とほぼ同色 変色性はない カブトムシに似た匂いがある

しばしば見かけるキノコで 小型ながら色合いはお菓子のマカロン風 条件的には一致しているようなのだが~?

鳥取市 7月中旬撮影