フォトアルバム
Powered by Six Apart

旅の思い出 Feed

2016年11月 2日 (水)

岡山城・岡山後楽園へ(その2)

Img_9317

Img_9327

岡山城 「六十一雁木上門」
本段から川手に通じる門で 前方の石段がもとは61段あったことからこう呼ばれたらしい(案内板より)

岡山城の歴史 
南北朝時代に名和氏の一族が築いた(備前軍記に書かれている) その後150年間の城主は明らかではない 元亀元年(1570)宇喜多直家が石山城主(岡山城)の金光崇高を謀殺しこの地を支配した 直家はそれまでの居城 亀山城(沼城)から石山城に入城し 城の改築と城下町の形成を行った 直家の子 宇喜多秀家は豊臣政権下で父の遺領を継承し 57万4千石の大大名となる それに相応しい城の大改修を行い近世城郭とした
慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで西軍の主力となった秀家は 八丈島に流刑となり宇喜多家は改易となった(秀吉の猶子となり 正妻は前田利家の娘 豪姫、八丈島にて没84歳)
代わって 小早川秀秋が52万石の城主となって入城した 秀秋(秀吉の甥)は2年後(1602年)に急死(21歳) 嗣子がなく小早川家は断絶した
慶長8年(1603)姫路城主・池田輝政の次男忠継(5歳)に与えられた 幼少だったため兄の利隆が代政した その後は池田家が廃城まで継承した

Img_9388

Img_9380

後楽園は三大名園の一つ
高台にある「能舞台」
能を好んだ池田綱政は能舞台を作り 自ら舞い 時には家臣や領民にも見せました
”初心者の人でも分かりやすい能舞台 入場無料”
建物は来園どきに眺めているが中に入るのは初めてでした
途中からなので内容は?
いや 最初から鑑賞しても多分? 良い思い出になりました

Img_9373

 Img_9366_2

「林 松響会 岡山大会」を鑑賞
出入り自由だったので30分ほど鑑賞 張り詰めた緊張感を感じる会場 その雰囲気を楽しめた 演目のしおりをいただいたがチンプンカンプン 日本の伝統芸能である能舞台 厳かで近寄りがたい雰囲気を漂わせていた

Img_9417

「夢二郷土美術館」へ
ふるさと岡山を愛した夢二
竹久夢二の美術館は1996年に開設 1930年代 カリフォルニア州滞在中に描かれた幻の裸婦画が ロサンゼルスから日本に里帰り 新収蔵作品として初公開する記念展でした
屏風絵の大作も展示されており 郷土ならではの絵が見られました
場所は後楽園から近い鶴見橋を渡ったところにあります

さて路面電車に乗り駅へ 話は尽きないが来年の再会を約束して岡山駅で解散した

岡山市 10月29日撮て

2016年11月 1日 (火)

岡山城・岡山後楽園へ(その1)

Img_9329

Img_9351

岡山城へ
毎年恒例のお友達と小旅行
今年はそれぞれの事情で近場へ行くことになった ほぼ同年代(!)の3人組 他愛無いおしゃべりに花が咲く 初めて見る岡山城 外観は幾何学的な印象で 近代的にも見える

岡山城は 別名「烏城」「金烏城」
築城年 1346-1369年
廃城 1873年(明治6年)
1945年6が29日の岡山空襲で天守・石山門を焼失 1964-1966年(昭和39-41年)天守を鉄筋コンクリートにて再建 宇喜多秀家当時のイメージで再建されている
岡山の市街地の元となった岡山城は 宇喜多秀家が1597年(慶長2)に築城した後 江戸時代には岡山藩の城府となり 明治維新により廃城となる

Img_9299

Img_9296

「月見櫓」 廊下門への石段より眺望 昭和20年の岡山空襲の焼失をまぬがれたのは この月見櫓と西手櫓だけです 残念ながら西手櫓は時間的に見ることができなかった

Img_9300
「廊下門」 上屋は本段(住居)と中の段表書院(藩庁)を結ぶ城主の通路として使われた 昭和41年に鉄筋コンクリートで再建された

Img_9313

Img_9316
廊下門を潜ると右手に「月見櫓」が見える 隅櫓と言われる 1620年代(元和年間から寛永年間前半)池田忠雄が城主の時に建てられた
構造は 一部地下付きの二階建てで 城内からは三層の層塔型 一階床下は貯蔵場所で 一階の床張りが引き上げ式の戸板となっていて 有事の際にはそれを開いて一階に通じる仕組みです 二階は 日常生活向きの仕様となっていて 月見をしたり 四季の眺望を楽しんだり 小宴を催すのに格好の構造となっています
月見櫓の左側には「数寄方櫓」がありました 白壁塗りの三階建で 表書院の数寄屋(茶室)で使う茶道具類が保管されていたのではないかと思われます(案内板より)
その前方には 泉水が湧出る池がありました

Img_9310
平成5年の発掘調査で見つかった 地中に埋もれていた石垣が展示されている
今から400年あまり前 宇喜多秀家が岡山城を築いた時の石垣です 自然石をほとんど加工せずに用いるのが特徴です
それから30年後の石垣は 新式の割り石を使っている 豊臣時代の築城時は「野面積」(のづらずみ)~江戸時代初頭「打込みハギ」~その後「切込みハギ」と各時期の石積みが見られます 特に本丸段の野面積による高石垣は この時期の全国有数の遺構といえます

岡山市 10月29日撮影




   



2016年10月17日 (月)

湯村温泉散策

Img_9002
玄武洞を経て 湯のまち湯村温泉をぶらり散策
兵庫県新温泉町にあり 日本屈指の高熱温泉で 今から約1150年前に慈覚大師によって発見されたと伝えられます 高温で湧出量の豊富な温泉は 昔より人々に親しまれる山陰の名湯

Img_8954
湯村温泉は NHKテレビドラマ「夢千代日記」のロケ地として知られる 最初のロケは昭和50年5月 吉永小百合さん主演 夢千代は胎内被爆者として白血病とたたかいながら 湯の里で芸者置屋を経営していた その人間模様は悲しく切なく 多くの人々の感動を呼びました 他にも 東映映画や舞台公演も行われた
この「夢千代像」は 昭和60年4月 平和の願いをこめて建立されたものです 勿論モデルは吉永小百合さんです 永久に若い小百合像を見て当時を思い出しました

Img_8947


荒湯
98度の熱湯が毎分470リットルも噴き出している源泉で 卵などを茹でて食べることもできる
持参の卵を網に入れて下げる 10分もしないうちに出来上がり すぐに食べると半熟 余熱で固ゆで ほくほくと美味 一人3個づつ 熱々をフ~フ~しながらほおばる

Img_8976

Img_8892

午前のトイレ休憩は 兵庫県香住町「余部鉄橋」空の駅を観光を兼ねて立ち寄る
初代の旧橋梁は”鋼製トレッスル橋で 1912年(明治45年)開通し 2010年(平成22年)に運用を終了 2代目の現橋梁はエクストラドーズPC橋です
余部橋梁の建設は 当時日本の「鉄道院」が 山陰本線の東側の区間を全通させるために 和田山駅ー米子駅間を建設する際に実施された
忘れられない列車事故 1986年(昭和61年)12月28日(日)午後1時25分頃
橋梁を通過中の香住発浜坂行き回送列車が 日本海からの突風にあおられ 機関車と客車の台車の一部を残して7両が転落 真下にあった水産加工場や民家を直撃した
車掌1名と加工場の従業員5名 6名が死亡 6名重症 当時工場で働いていた人は12名 奇跡的に助かった人も大きなショックを受けています

Img_8896

Img_8900
  ↑ 国道178号線 日本海を眺望
 ← 加工場のあった場所に聖観世音菩薩を建立 毎年12月28日には法要がいとなまれます

旧橋梁のころ2度くらい来たことがある 新しくなってから初めて訪れた 当時の様子が思い出される 旧橋梁の一部が残されていると聞き 遠目で眺める 時間があれば”空の駅”まで登って観光することもできる

実り会一行の秋の小旅行は 好天に恵まれ楽しく終えることができました 高齢化社会を突っ走る昨今 元気でコミュニケーションをとりながら過ごしたいものです

兵庫県新温泉町・香住町 10月13日撮影

2016年10月16日 (日)

天然記念物玄武洞へ

Img_8905

Img_8911

Img_8910


地域の老人会(実り会) 
恒例の秋の小旅行は
 「玄武洞・湯村温泉散策」 33人参加
福祉バスを利用する 
利用時間AM9:00~PM4:00
玄武洞(豊岡市赤石)は数十年前に一度行ったきり 記憶もおぼろげ
今回行ってみると 環境整備され随分良くなっていた

「山陰海岸国立公園 天然記念物玄武洞」
玄武洞は 160万年前におこった火山活動でマグマが山頂から流れ出して 冷え固まる時に規則正しいきれいな割れ目をつくりだしたものです
6000年前 波に洗われて姿を現し 人々が石を取ったために洞となったもので 数知れない六角形の減歩岩が積み上げられて 地下から地上へ さらに空へと続き ところてんを押し出して固めたように見え 六角形の柱を束ねたような不思議な美しさを見せています

Img_8942

Img_8921_2

Img_8932

Img_8935


「青龍洞」
玄武洞は全部で5つの洞があります
そのうちの2つをガイドさんの説明を聞きながら見学する
なかでも最も長い節理が見られる「青龍洞」 洞の高さは33m 巾40mで 石柱は中央に向かって傾斜しており長い節理は1個で15mにも及ぶものもあります
堂の下には水が池のように貯まり 透明度は高い
見学できなかった他の洞は「白虎洞」「南朱雀洞」「北朱雀洞」があります それぞれ異なる特徴をもっているようです 
「玄武洞ミュージアム」館の一階は食堂とお土産店 紅葉を背景にした洞の映像がながれていて その美しさに魅了 できれば紅葉時期に再訪してみたいものです

豊岡市 10月13日撮影

Img_8933
ガイドさん曰く 「昔はこの辺のほとんどの家にこの石がある 石の横にある筋にノミをあてて金づちで叩くとすぐに割れる 庭石やブロック はたまた漬物石に 鉄を含んでいる石(ガイドさんが磁石を石に当てて証明 くっつきました)なので ナスの漬物は色よく出来上がる」など 笑いを誘っていました 勿論現在は厳重に保護
ここで昼食 その後「香住鶴」香美町の酒造販売所へ 1725年(享保10年)創業
食後に数種の試飲 良い気持ちになり財布のひもがゆるくなったその一人なり 

2016年4月26日 (火)

しだれ桜並木(朝来市)

Img_0216
しだれ桜を見よう
竹田城跡の帰りに立ち寄る 夜久野町の緑化センターのしだれ桜並木は夜桜も楽しめる

Img_0185

クリスマスローズと桜のコラボ
下向きに咲き 行き交う人の足元で微笑む
古城の桜は盛りを過ぎていたが 野久野のしだれ桜に心癒される
クラブのメンバーは ここで日頃の腕を発揮 春の撮影会は無事終了 めでたしめでたし と なるや否や!

朝来市 4月12日撮影

Img_0189

Img_0195

2016年4月25日 (月)

春の竹田城跡へ

Img_0081「竹田城跡」
昨年秋1度に訪れた(10月9日)
ブログアップ(10・14)

全国屈指の山城遺構
竹田城は 播磨・丹波・但馬の交通上の要地に築城
築城当初の姿は不明が多い
織豊期以降は 天守台を中央に置く石垣城郭となり本丸以下 南二の丸、南千畳、北二の丸、三の丸、北千畳を築いている
さらに 花屋敷という曲輪があり搦め手の位置になり 防御性の高い城郭となっている

Img_0093
「北千畳」
登城道を登るとここへ着きます 眼下は眺めが良く城下の様子がはっきり見えます

Img_0110
望遠で見ると南千畳の人の姿や動きが分かります 当時はどのような景色だったのでしょう

Img_0111
本丸から南千畳を望む 大規模な城郭だったことがうかがえる

Img_0134

Img_0137
石垣遺構の凄さに圧倒される

現地ガイドさんが要所要所に配置され 事故のないように見守りながら誘導
ガイドさん曰く
「この石からパワーを貰って下さいね」
素直に手を出す人もいた




Img_0139
夏草や兵どもが夢のあと」 の句碑 (松尾芭蕉の句 南千畳の一角に建つ)

Img_0140 
「南千畳」
1本の桜 静かに城下を見守っている

Img_0144
「天守台」 本丸
中央の一番高い位置に天守台がある 城の姿 城主や多くの兵が行き交う様を想像する
実際は想像を絶する戦国時代 城主も次々と替わり戦に明け暮れる日々 
長く続いた戦乱は 今から400年ほど前のこと 僅か400年で世の中がこんなにも変わっている 不思議さと怖さが入り混じったような気持ちになる この先一体世の中はどう変化するのだろう 歴史は人がつくるもの 一人一人が~!

兵庫県朝来市 4月12日撮影

竹田城跡へ 立雲峡 (朝来市)

Img_9982 
「立雲峡」
桜の竹田城跡を遠望しよう 写真クラブのメンバー17人で行く 昨年竹田城跡に来た時に撮影スポットのこの場所へ来たいと思っていた 早くも願いが叶った 
お天気はベスト 期待は大 ところが思いのほかキツイ勾配 しかもソメイヨシノは落花 遅咲きのオオシマザクラが見ごろだったのが救い といったところ  

Img_9985
竹田城跡を眺望
登りながら立ち止まってはレンズを覗く 全容が見られるポジションまでもう少し頑張ろう

Img_0037

Img_0019 
オオシマザクラに癒されながら~!

Img_0038 
「第一展望台」の標識
ここからさらに登る

Img_0053

Img_0062

Img_0044
第一展望台から竹田城跡を眺望
西に位置する竹田城跡・円山川と城下町竹田を眼下に望む 古城の天守台は標高約354m 峡谷は 朝来山(標高756m)の中腹に位置する 秋から冬にかけて雲海が見られることから「天空の城」と呼ばれる

Img_0028

Img_0029

Img_0032

立雲峡は 無数の奇岩・巨岩・滝が点在する景勝渓谷です 「但馬吉野」といわれる山桜の名所で 毎年桜まつりが行われる 展望台は3か所あるそうですが 第一展望台で満足して下山 これ以上登っても期待はうすい 時間も足りない ここまで登った人も数人だった
出来映えは? 後日の談話 「やっぱり真昼間の光線、春霞のどんよりした空気、桜の時期が遅かった」等々 言い訳ウンチクを並べたて互いに納得(?)
下山して昼食 その後竹田城跡へ

兵庫県朝来市 4月12日撮影

2016年4月21日 (木)

ドイツの森 (岡山県赤磐市)

Img_3402
「ドイツの森」
岡山農園公園 ドイツの農村風景や街・食 またクラフト体験 動物ふれあい広場では乳しぼり体験 ワイナリーで醸造場見学 ソ-セージやパンを作ることができる”グルメ体験教室”
家族で楽しめる園内は春の園 チューリップ・菜の花・桜が花盛り 芽吹いたばかりの木々
町内の「実り会」(老人会)メンバー35人 それぞれの思いで楽しみました

Img_3403

Img_3399

Img_3392

Img_3415
春彩に欠かせない菜の花 終盤ながらの華やかさを誇っていた
旅はお天気次第
小春日和の一日を楽しむことができました
帰りは「岡山ワイナリー」に立寄り 工場見学や試飲、買い物
ほろ酔い気分でバス中へ


岡山県赤磐市 
4月8日撮影