フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ツマジロカメムシ 幼虫 | メイン | ヤマジハエトリ♂ »

2016年10月27日 (木)

センブリが咲いていた

Img_9151

Img_9148

Img_9150


センブリ(千振)
リンドウ科 時期9-11月
日当たりの良い草地に生える2年草
全草に苦みがあり 健胃薬としてよく知られる 和名も千回振りだしても苦みがなくならないことから 江戸時代後半まではノミ・シラミよけなどに利用されていて 健胃薬としてはあまり使われなかったようです 明治時代以降に本式に使われるようになった

やや近場の郡部に抜ける車道脇に2・3株 草刈り後にもかかわらず生えていた 昔は沢山生えていたのだろう 遠い記憶が蘇る懐かしい花でもある

Img_9145_2

Img_9144
リンドウ(竜胆)
そして青紫色のリンドウ ススキの間からそっと控えめにアピール
この場所にあることも初めて知る








Img_9146_2
コウヤボウキ(高野箒) キク科 時期9-10月
コウヤボウキはそろそろ終盤 昨日の秋雨が葉をてかてかに まだ元気印!

Img_9131

Img_9132


ツルリンドウ(蔓竜胆)
リンドウ科 時期8-10月
花期を経て 艶やかな赤い実が恥ずかしそうにチラリ 見つけると何故かホット
赤い実が連なる様を想像

この秋は長い? 短い? 
ここでもすでに紅葉が始まっている
追いつけ追い越せ 
なぜそんなに先を急ぐの?

鳥取市 10月26日撮影








トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351979/33983789

センブリが咲いていたを参照しているブログ:

コメント

パール さま
コメント有難うございます センブリの名前の由来 私も今知りましたよ 一つ賢くなったかな!

子供の頃ムカムカするとセンブリを煮出して飲まされました。千回振りだしても苦みがなくならないことからセンブリというとは知りませんでした。 

Bell3 さま
コメント有難うございます センブリは見たいと思いつつ~幻の花に近いくらい見られなかった まさかこの場所にあるとは思いませんでした
貴ブログを拝見しました(コメントなしでゴメンナサイ) 山地での季節の花々が次々とアップされていますね 花や虫など 自然の豊かさに癒されながら過ごせることに感謝です

とても綺麗な写真ですね。センブリは少なくなりましたね。私もセンブリが見たくなって、先日は兵庫県中央部の砥峰高原に行って来ました。ススキの名勝ですが、圧倒されるほどのリンドウや、ウメバチソウ、センブリなどを見ることが出来ました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。